フォト

最近のトラックバック

ココフラッシュ



counter


  • since april,11,2005

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004.05.31

私にもできる簡単ラッキョウ甘酢漬け

お店屋さんに泥つきのラッキョウが並ぶようになってきた。梅干漬けと人気を二分しているこのラッキョウの漬物の季節がやってきた(*^^*)
私のラッキョウ漬け歴は今年で二年目。去年の残りが後わずかになり、約一年の間に三kgのラッキョウを消費した。
おすそ分けで貰っていただいたのが半分くらいだけれど・・・
みんな良く私を信じて食べてくれたことに感謝です m(_ _)m

今年も鳥取県のラッキョウ二kgを購入した。(一㌔680円)
大きさは多分Lサイズだと思うけれど身がしっかりしていて色艶が良い。

img20040531_155851.jpg
根と先っちょをカット

img20040531_165923.jpg
ラッキョウの薄皮もはがして良く水洗いする。 
  
img20040531_171616.jpg
  
ラッキョウ一㎏に対して20gの塩をふり、一晩そのままにしておく。
今夜の作業はこれでお終い 

続きは明日のお楽しみ(*^^*)
血液サラサラ効果があり一日に5粒食べると心臓にも良いらしいと昔から言われている。(^^;;;
どうか、今年も無事に漬かりますように V(^^)

2004.05.30

レモンバーム

img20040530_144723.jpg

樽型の鉢に若緑濃く茂っているのはレモンバーム
葉を摘んではポットにいれ、熱いお湯を注ぎリフレッシュすることがたびたびある。
すぐに気持ちが悪くなる性分の私はたびたび、このお茶のお世話になり気持ちをリフレッシュすることがある。
有り難いハーブである・・・
が、しか~し、ここ数年レモンバームの種蒔きをしたことがない。(^^;;;
それにこの植木鉢はちょっと前まではマリーゴールド、カモミール、ローズマリーが育っていて少しの合間、それぞれを楽しんでいた。はずだったのに・・・(^^;;;
それなのに、あっと言う間にレモンバーム鉢になってしまった(^^;;;

『恐るべしレモンバーム!!』

でも、以前育てていた事があり、その小さな花の造りの神秘に驚かされたことがあり、しばらくはこのまま楽しみたいと思っています。

朝顔 26日目

img20040524_092503.jpg

朝顔だからと言ってほったらかしていた訳ではないけれど、やっと本葉の画像をアップすることができました(*^^*)
この種類はたぶん空色朝顔だと思う。巨大な浜の紫ではない事は確かです。(^^;;;
巨大えびす葉の浜の紫は双葉のころから他の種類のものよりもぐ~んと茎も太く葉も大きくて逞しさを感じる若い姿です。

ポット蒔きしたものはそろそろ鉢に植え替えしなくては・・・(*^^*)

ココログを開くのにやけに重たいと思ったら、いろいろ変わってきていた。。

綿 6日目

img20040530_144517.jpg

25日に種蒔きをした綿。
自家製の種3個と市販の種6個、全員可愛らしい顔を見せてくれた V(^^)
お天気予報だと日曜日の今日は朝から雨模様のお天気。
だけど見事に良い方に裏切ってくれて気温もぐぅ~んと上がり、東京は30度を越えたそうな。
お水がカラカラでごめんよ~ m(_ _)m
日焼けした肌もヒリヒリで体が暑い、暑い!! (^^;

きっと朝早くにちょこんと顔を覗かせていたのかもしれないけれど気がつかなかった(^^;;;
だけど今日の気温上昇で発芽も促進されたのかもしれない V(^^)

種蒔きからなんと6日目の発芽であった(*^^*)

2004.05.27

ピーマン肉詰め

img20040527_195735.jpg

今夜は久々にピーマン肉詰めを作った。
作り方はとっても簡単。
 
  ・肉詰めの具を作る
    豚挽き肉  300グラム
    人参、椎茸、ねぎのみじん切り
    卵一個
    塩胡椒、ごま油
   
  ・以上をハンバーグを作るみたいにコネコネする。(^^;;;

  ・ピーマンを縦二つに切り、中の種を取り除き、綺麗に洗う。
  ・ピーマンの水気を切り、具を詰めて肉の表面に小麦粉をはたく。

  ・フライパンを熱しごま油をしき、肉の面から焼き、焦げ目がついたらひっくり返し、
    今度はピーマンの皮の方を弱火にして焼く。

  ・焼きあがったらからしと醤油で食べる。

 ☆一口食べると肉汁がジュワーっと出てきてとても美味しい!!

 ※今夜のピーマンは茨城産のもので皮も艶々でサイズもビッグであった。

愛奏

友達の長女さんに19日にお嬢さんが産まれた。友達には初孫である。(*^^*)
めでたい!
めでたい!! (*^^*)
名まえはタイトルの通りだが、『アカネ』ちゃんと読む。
どなたが命名したのかメールには書いて無かったけれど、愛を奏でるとは・・・(*^^*)良い名まえである。

☆極普通の家庭に極普通の出来事だけれど、唯、一つ違っていたのは赤ちゃんのママはまだ現役の高校生だった。
ご主人は一つ年上の同じ高校の先輩だそうです。
妊娠を両親に打ち明けたのが、もう7ヶ月過ぎであったそうな。慌てた友達からすぐにメールが飛んできたけれど
新しく授かった尊い命は消す事はできない。
家庭では普段と変わった様子も無いし、体育の授業も普通にみんなと身体を動かして、制服のしたに小さな命を大切に守ってきたそうな。(;_;)

愛奏ちゃんのママの誕生日も赤ちゃんが産まれた日と同じ。
友達も不思議なめぐり合わせに喜んだのかどうなのか・・
自分がお産した日と同じ日に娘がお産したんだものね。

無謀にも思える若いママだけれど、
愛奏ちゃんとママのこれからの人生に幸多かれと願う(*^^*)

2004.05.25

綿の花

img20040521_171114.jpg

毎年、種蒔きをしていた綿の花。
花は白く朝早く咲き、実は茶色く。堅い。
が、いつの間にか実がはじけて中から白いものが見え始める。
しばらく放置しておくと白さが増して指で摘むとモアモアと白い綿がでてきたときの喜び(*^^*)
最初に綿を育てた時は本当に感激しました。 V(^^)
一輪挿しに水を入れないで綿の枝を挿すととても風情が良い(*^^*)
今年もご近所さんたちのリクエストに応えて種蒔きをした。(*^^*)

去年は生憎の冷夏で綿の木も寸つまりで葉も花も実もとても小さかった。
種も少し小ぶりでしたが採取できたので市販のものと合わせて今日種蒔きを行った。

まずは発芽が楽しみ(*^^*)


ワイルドフラワー 2

img20040523_120852.jpg

20日にアップした花は一日で萎れてしまったのでその続き。
次に咲いたのはこの花びらに白い斑が入った、色は鮮やかなピンク色した花。
一つの花の大きさは約4cmくらい。それが二つ、三つとくっついて咲く。
とても綺麗です(*^^*)
どんな花が咲くのか全く分からなかったワイルドフラワーの魅力は最高でした(^^;;;


2004.05.20

ワイルドフラワー

img20040520_092000.jpg

ワイルドフラワーとは?
直訳すると『野草』となる。
もちろん、ワイルドフラワーという名の花ではないが、一体どんな花なんだろう?
って思って種を買ってきたのは去年の秋。
袋の中には大きさもまちまち、色も形もまちまちの種がたくさん入っていた。

素焼きの長方形の鉢に適当に土を混合して大雑把にパラパラと蒔いたのが
11月6日でした。
いつかはきっと咲いてくれるのを楽しみにその年を越した。
3ヶ月を越し、東京に早い春がやってきた頃、ボツボツと蕾がつき始めた。

ふふふ♪
やっとその時が来たんだなぁ~♪
最初に咲いたのは青いルピナスの花。
可愛らしい葉と小さな青い花の集まりに本当に心を躍らせてしまった(*^^*)

それからシレネの花♪
知り合いのところにはこの花が咲いていてあまりの可愛さにとっても羨ましく思
っていたからとても嬉しかった。(;_;)
それからいろいろと咲いて、とうとう最後にたぶん種を蒔いた最後の種類だと思
うけれど、この花が雨の中、今朝咲いた!
驚きの感動ものでした V(^^)
なんといっても濃い花の色が素敵!  

☆ネットでいろいろと調べた中で☆
 ワイルドフラワーには、人工的な品種の改良などの手が加わっておらず、
 他の国の新しい植物に比べると比較にならないほど、自然のパワフルなエネ
 ルギーを持っています。そこに住む先住民たちは、このワイルドフラワーを傷の
 治療やダメージからの回復などに、薬草として使っていたというほどです。
      
 とある。(^^;;;

大雑把な名前と大雑把な育て方とは裏腹にこんなにも愛らしく心の中に飛び込
んでくるワイルドフラワーに夢中で~す(*^^*)

2004.05.16

春巻きときゅうりマリネ

    アッチッチの春巻き
img20040513_210503.jpg

不意に揚げたての春巻きの皮のパリパリ感に会いたくてついつい作ってしまう~。
そう、ちょっと前の今夜はホタテといり卵の春巻き。(^^;;;
作り方はいたって簡単(私が作るんだから~(^^;;)
 
  1、卵4個を割りほぐし、ホタテの缶汁と牛乳を入れてよくかき混ぜる。
  2.フライパンにごま油を熱して半熟入り卵を作り、お皿にとる。
  3、ピーマンと筍のみじん切りともやしを同フライパンで炒めてホタテフレーク
    と2を入れて軽く塩胡椒して味を調える。
  4、すべての具が入ったら片栗粉を降り入れて具をまとめる。
  5、後はいつものように春巻きの皮に包んで油で揚げ,お好みで青い物とからしを
    添えて出来上がり!

    きゅうりのマリネ
img20040513_204010.jpg

蒸し暑い日には何かさっきぱり系の食事が摂りたくなる。
主食はさておき、ここではサラダ感覚で食べてもらおうと思う。

きゅうりのマリネの作り方

   1、きゅうり4本は塩を降り、板ずりしてしばらく放置(^^;;;
   2、マリネ液を作る。
           白ワイン三分の一カップ
           酢、砂糖は味をみてお好みに入れる
           タカの爪は種を出し適当に輪切り
           塩、胡椒、シソの葉千切り
           ニンニクスライス
           新玉ねぎの千切り
           後、水を少々だが入れなくても良いと思う。
   3.きゅうりを適当な大きさに切り、液に漬け込み冷蔵庫で冷やしていただく V(^^)
   

 酸っぱい系の好きな人はお酢をたくさん入れてもそんなにすっぱ過ぎず美味しいよん♪
 具は茗荷でも人参でもセロリでも何でも良いと思う。

※たっぷり汗をかいた身体にお手製のマリネ液に漬けた野菜をたくさん摂りましょう。


           

今年もホテイソウを・・・

      今日買ってきた株
img20040516_162453.jpg
      一昨年咲いたホテイソウ
DSCN0152.jpg


我が家のガーデニングスペースは、ひしめき合っている鉢植えたちの他に水が溜めてあるコンテナが一つあります。いつもはほうりっぱなしで汚くなっていますが、中身は?と言うと、まだ一度も開花したことがない蓮の鉢二つと川で掬って来たメダカとホテイソウが仲良く同居しています。

一昨年の8月、ふと、気づくとホテイソウから花の茎が伸びていて今にも花が咲きそうな雰囲気。 V(^^)
え!ホテイソウも花が咲くの?
どんな花なの?
無知な私ですが、初めてホテイソウに花が咲くのを知りました(^^;;;

翌朝、薄紫色の花がひっそりと咲いていました。とっても感激(*^^*)
一つ咲きもあるけれど四方に花をつけるのもある。
あまりの綺麗さに毎年、この時期になるとついつい株を購入してきてしまいます。

今日も雨の中、出かけた帰りに園芸店に寄り道をして一株68円のを6つ買いました。
雨に打たれ葉の色はみずみずしさを増してとても綺麗。
開花は7月~8月までの間。
とても待ち遠しい。 V(^^)

埼玉県にホテイソウの花が満開になる公園があるそうな。
今年は是非訪れようと思います。

別名 ウォーターヒヤシンスとは実に涼しくみずみずしい名まえであること。(*^^*)

2004.05.14

発芽し始めた朝顔

img20040512_071449.jpg

ここのところの陽気は気温がぐっと上がり、蒸し暑さを感じ、汗をかく毎日。
植物達も大忙しで毎日、その姿を変えてきている。

5月5日に蒔いた朝顔の種がもぞもぞと発芽し始めたV(^^)
土を盛り上げる力の勢いは植物の逞しさを感じる。
この双葉は去年オークションで購入した空色朝顔の二世。
去年に引き続き、今年も発芽してくれた V(^^)
当たり前のことなのかもしれないけれどなんだか、とっても嬉しい。

他に蒔いた種も発芽し始めて毎日の成長に目が離せない(*^^*)

柘植の花咲いた

img20040511_162511.jpg

いつの間にか家の花壇に参加していた柘植の苗木に白っぽい蕾がついた。
なんだろう?
って思っていたらやはり、これは小さな小さな花でした。
わずか4mmの存在ですが、とても清々しい花姿である。

2004.05.09

もみじ 5

img20040508_101306.jpg

久々にもみじ登場です。
4株くらいお友達に貰ってもらい植木鉢がちょっぴり空いてきた。

右側の一株が萎れてきてそろそろ危ない感じ(;_;)
他のものは快調に成長し続けて若い葉の緑が鮮やかで眩しいです。
このもみじは何という種類のものなのかわかりませんが、葉の形が
長細いのが特長です~。
これからもぐんぐん育って欲しい(*^^*)

あ、種から育てていたサボテンのスーパー兜、いつの間にか萎れて
しまいとうとういなくなってしまいました。(;_;)
発芽してからの育成が難しい~。(;_;)

母の日

私が小学校に通っていた頃の母の日の話。
いつもぼんやりの私でして、いつものように朝、学級に入ると一人一人の机の上に造花の赤いカーネーションの胸飾りが置いてあった。安全ピンが付けられていて白い短冊には『お母さん、ありがとう』 って書いてあった。それぞれのお母さんに贈るカーネーションを学校側の方で用意しておいてくれたのだろうか?と今に思う。本当に私はぼんやりだから。子供のお小遣いで花屋さんでカーネーションを買うのはちょぃ無理があったからかもしれない。

でも、白いカーネーションの胸飾りもあった。
オフホワイトのカーネーション。
どんな意味があるのか?って言うとお母さんのいないお家にはこの花だったのだ。
誰がその白いものを家に持って帰ったかは忘れちゃったけれど、赤と白の違いだけが心に残っていた。

今時の花屋さんは大忙しですね。
昨日もたまに買う花屋さんを覗いてみたら、母の日ギフトの花の籠盛りがたくさん並んでいた。カーネーションもあるけれどラベンダーやアジサイなどの季節の寄せ植えのギフトが華やかだった。

昔、白いカーネーションを手にした級友も今は立派な中年に成長しているでしょう。

アクアな時間に癒されて

私の心が狭いからか相手の行動が不埒なのか分からないけれど喧嘩してしまい、不貞寝をした。
まだ胸の中に納まりきれない思いを抱えながらも朝食の準備をした。
食べてもらっている間に私は水槽に入っている魚を眺めていた。

水草も隠れ屋もないシンプルな水槽だがエアカーテンから繰り出す細かな泡粒がキラキラ光ってとても綺麗。
最初は一匹一匹魚の特徴を確認しながら見入っていたけれど、だんだん気持ちが柔らかくなり、今まで張り詰めていた心のネジが緩んだ。

人はもともとお母さんのお腹の羊水の中で平和に暮らしていた。外に出ることにより、様々な試練に立ち向かうときが来るけれど、「幸せだなぁ」ってしみじみ思うときもある。魚は一生水の中でしか生活ができない。どのくらい生きれるか分からないけれどその母となって共に生活していこうと思う。

2004.05.05

アサガオの種まき

今年もアサガオの種まきをする時がやって来た。ずいぶんとこの日を待っていたのだ。(^^;へ
今年は真面目にアサガオを育ててみよう。と、そう思っていた。
子供からお年寄りまでアサガオの花を知らない人はいないほどアサガオは定番の夏の花である。
最近、無性にこの花が恋しくなり、夏の朝の明るさとアサガオの花のみずみずしさを思い出すようになってきた。

私の子供の頃、自宅には朝顔は無かったけれどお隣の垣根には毎朝、ピンクと紫の朝顔の花が咲いていた。
自分の家の花じゃないのに毎朝、毎朝、楽しみにしていた。(*^^*)
朝顔の葉っぱは触れるとちくちくと細かい毛が生えていて、顔の近くまで持ってきて指でそのチクチクをはさんで見ていた。そして、お台所から器を持ち出してアサガオの花を摘んでは色水を作り、色水屋さんに変身して遊んだ。
葉っぱも絞って混ぜたりしていろいろ。
とても親しみのある懐かしい花です。

img20040505_134931.jpg

今年蒔いたのは四種類。
『巨大輪えびす葉 浜の紫』 『曜白ミックス』 『空色朝顔』 『家にあった種(^^;へ』

img20040505_142114.jpg

あまり神経質にはならないけれどポット蒔きと子供のアサガオセットの植木鉢に蒔いてみた。

img20040505_142124.jpg

どちらも一緒によ~い、ドン!  で頑張れ~(*^^*)

ダリア 1

img20040505_142102.jpg

私の意識が薄かったのか物知らずだったのかは分からないけれど
最近のダリアの人気はすこぶる高まっている。
確か、一昨年の夏に咲いてくれたダリアでした。夏の定番の花ですね。
が見事に虫に食い荒らされてしまい、
円形に跡形もなく食われてしまった。(;_;)
しかもその様子をこわごわ見てしまっていた~(;_;)
にょきにょき這う虫はとても苦手なの(;_;)

一口にダリアといっても様々でもの凄い数のダリアの種類がある。
私もその中の一つの球根をホームセンターで購入しました。が、種類の札を
紛失してしまったので名まえがわかまりしぇん。(;_;) キットドコカニアルトオモウケレド~ヒェ~(;_;)

4月15日に球根を植えて発芽を発見したのが今朝の出来事でした。
かなりの沈黙の後に活動を始めたダリアに今は興味深々です。


きざみうどん

img20040504_100442.jpg

関西きざみうどんを本場の地元スーパーで買ってみた。(^^;へ
一つ284円。
保冷ケースに並べてあったので冷やしで食べて見ようっと。
ガラスの器に入れ最初に入っていた具(刻み油揚げ、小口ネギ、七味)だけ
で何も足さない、何も引かないそのままで冷やしうどんを作った。

麺はちょっとぼそぼそっとしてツルツルといかなかったけれど、やはりお汁が
美味しい! 透き通っているがしっかりと出汁が効いている。好きな味だ~。
めんつゆは昆布と鰹節とさば節でとってあり、醤油、みりん、砂糖の味付け。
塩は全然使っていないのね。

こりから蒸し蒸しって暑い季節がやって来る。汗をかいた体にのど越し冷たく
爽やかな冷やしうどんが美味しいねぇ。花鰹をいっぱい乗せてひらひらさせて
食べたい~。

家庭でもこんなめんつゆが作れるといいんだけどなぁ・・・(^^;へ
誰か作り方教えて~ m(_ _)m

2004.05.04

ルピナスラッセル

img20040504_081952.jpg

今時の植物達の成長はすこぶる早い。
旅から帰りると真っ先に目に入ったのがこのルピナスの花でした。
あまりに綺麗に咲いてくれたので感激です!!

ルピナスは穂状の花姿も美しいけれど、ヤツデの葉のような形をし
た葉の愛らしさが加わり、全体の立ち姿がなんとも言えず好きな
花です。

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お天気どうよ~♪

今日の誕生花

こうさぎ

無料ブログはココログ