フォト

最近のトラックバック

ココフラッシュ



counter


  • since april,11,2005

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004.06.30

ホテイアオイの花咲いた

img20040630_105822.jpg

早朝からポツポツと降りだした雨。遠くで雷の音も聞こえてくる。
だんだん雨足も強くなってきている。
私は朝起きるとまず外へ出て植物達の様子を見に行くの。
今日は傘をさして・・。

そしたら、
ほよよ~ん、ホテイアオイが咲いてる~(*^^*)(*^^*)
綺麗~♪
ちゃんと四方に四つの花が咲いてる~。

蕾を発見したのが28日だから、二日間の間にぐっと成長した。
コンテナの淵からちょこんとクビを出して咲いているホテイアオイ。
決して派手で人目をひく花じゃないけれどひっそりと涼しそうに咲いているこの花が大のお気に入りです。


img20040628_093524.jpg
花くぴを発見した朝から時間を追うごとに茎が伸びて先っちょに薄紫の花色が濃くなってきた

2004.06.25

お味見(^^;

6月も残すところ今日をいれて6日間になった。
梅雨の中休みも終わって朝からムシムシ、シトシトと雨が落ちてきた。
カンカンに照っていた太陽も今日は雲のお布団に抱かれてお休みの様子。

ああ、でも、蒸し暑いね。(;_;) ニガテダ~
さっきラヂオで言っていたけれど「今頃の食品の管理には気をつけて!」って。
日本の今頃のこの気候は細菌が繁殖しやすい季節。
冷蔵庫を簡単に安心していたら間違いかもしれないね。
冷蔵庫の中でも腐るものは腐るから・・(^^;;;へ 
ケイケンアリへ(^^;;;

img20040624_102557.jpg
          ぬか床でお休み~

ところで昨日、初のぬか漬けの本漬けをした。
たまたま友達から岩手のキュウリをいただいた。
ポツポツのところが白く粉が吹いていて身が引き締まっていてとても美味しそう。
ちょうど良いネタをいただいたなぁって。
新鮮な野菜がいいねぇ(*^^*)
他には人参、新生姜、白蒟蒻を漬けた。
キュウリと同じタイミングでぬかからあげたかったから、堅いものは軽く茹でてからぬか漬けをした。

が~。
たまたま昨日午後から長時間昼寝してしまった事と夜のボランティア活動で出かけたため
ぬかから野菜を取り出す時間が遅れてしまった(;_;)(;_;)

だから~、漬かりすぎてしまった。ちょい失敗(;_;)
でも、初めてのぬか漬け、ちょぃ成功!!

娘と一緒にお味見。 V(^^)
う~ん、口の中にいれた時のぬかの香りと舌触りと、さっぱりした酸味の野菜。
やっぱり白いホカホカご飯が欲しくなる。
漬物あったら何杯で食べられそう。

img20040610_212052.jpg
          手前は今年のもの、奥が去年のもの

もう一つのお味見。それはラッキョウ!!
去年の物と今年のものの味比べ。
もっちろん、去年物の勝ち~ V(^^)
どちらもカリカリッとシャキシャキッとしていて美味しい。甘酢を自分の好みに作っておけば不味いと感じることは無いだろうって思う。後はラッキョウの持つ香りと食感と艶を大切にすればね。

何事にも円熟度、習熟度のできたものが美味しいって感じるだろうけれど、新物もなかなか(*^^*)
これからの努力次第で美味さが増す楽しみがあると思う。

今年は二種類の漬物に挑戦して世間の漬物の勢いの季節を乗り越えた。と思う。(^^;;;
食べたければ外で買えば済む事だけれど自分で手作りして手間をかけるところに意味があり、楽しみがあると思う。
なんか、種蒔きの楽しみとおんなじだね。(^^;;;

2004.06.24

一番に咲いた朝顔

          曜白朝顔
img20040623_092138.jpg
          蕾
img20040617_163056.jpg


5月5日に種蒔きした朝顔がなんと48日間のスピードで今朝開花
した。まだ、ツルを蒔きつかせる支柱も立てていなかったのら(^^;;;
蕾をつけるのも早かった~。種蒔き後40日目だ。

種類ごとに分けた鉢ではなく余った種を子供の朝顔の植木鉢に蒔
いたものでした。青紫色の花びらに白い筋が入った姿は夏一番に
咲いた涼しげな朝顔です。
くるくるっとラセンに巻いてる蕾がなんとも涼しげで可愛いです(*^^*)

他の種類はまだ本葉が育っている状態でして、これからの成長が
楽しみ(*^^*)
夏の定番の花ですが、今年も大いに楽しませてもらえそう(*^^*)

2004.06.22

初めてのぬか漬け

年に一度か二度行く ゛お気に゛ の居酒屋さんがある。
ここのマスターが作る料理は量が多くて美味しくて豪快なの。
肉料理も魚料理もこれでもか~!!ってくらい野菜がどっさり乗せてある
大きなお皿に大量の料理。みただけで笑えちゃう。
まさしく豪快そのもの。

ここのマグロのお刺身は絶品であるが、今日はぬか漬けの話。
ここのお店で出てくるぬか漬けがこれまた、美味しいの!!
キュウリも大根も人参もキャベツもカブもみんな、みんな美味しいの。
私が感激したのはここで出される山芋と白蒟蒻のぬか漬け。
初めて食べたときからすっかりファンになってしまった。
食いしん坊の私は自宅で作って好きなだけ食べたいと言う希望がぬか漬けを始めるきっかけになった(^^;;;

          用意した材料
img20040618_142214.jpg

          出来上がり
img20040618_150625.jpg

さて、作り方はとっても簡単!

 1 陶器のカメを用意する。(^^;;;
   綺麗に洗って熱湯消毒かアルコール消毒をする。

 2 いりぬか1㎏
   粗塩120g
   ミネラルウォーター5カップ
   ビール100cc
   釘 2~3本
   タカノツメ 3~4本
   煮干 4本
   羅臼コンブ  10×10cm
   ぬかの古漬け

 3 カメに半分のいりぬかと半分の量の粗塩をいれビールを注いで
   かき混ぜる。
   次に残りのいりぬかと粗塩とミネラルウォーターを入れてかき
   混ぜる。
   次にタカノツメと小袋にいれた煮干を入れてかき混ぜる。
   次に古漬けのぬか床を入れてかき混ぜる。
 
 ※かき混ぜる事により空気をより多く入れて発酵を促せる。
  新品のぬかであってもここら辺でなかなかの匂いを感じる。

 4 最後に捨て野菜(私はキャベツの葉二枚)を入れて釘を入れカメ
   の内側のぬかの汚れを綺麗にふき取り、ふきんをかけて終了。
   しばらくは常温で放置。


 5 後は毎日2~3日、ぬか床をかき混ぜ、捨て野菜を取り替える。

 
 新品のぬか床だと本格的な漬けに至るまで10日間かかるようだが、私は古ぬか床をプラスしたので少しだけ発酵が早まり早く本漬けができそう。

 ちょっと前までは私は漬物に対して間違った解釈をしていた。
 『漬物=塩分の摂り過ぎ』だと考えていた。
 漬物を食べる事により食生活の中で一日にとる塩分摂取量を多く摂りそうな気がしていた。
 ぬか漬けに含まれている酵素や乳酸菌などの微生物が食べ物の消化を助け腸内の乳酸菌を増やして体の内部を綺麗にしてくれるのだ。生野菜を食べるよりもビタミンB1が多く含まれるそうだ。

 健康を保って愛情いっぱいこめて作られていた漬物。
 毎日の食生活の中で自然と人間の体の働きを良くするようにできているし、食べ物を粗末にしないようにできている。家族の健康を守って行きたいと思う心があるうちはみんな健康でいられると思う。
 私も偉そうなこと書いているけれど長続きするように毎日、ぬか味噌をかき混ぜようっと。
 こりがなかなか酸っぱくっていいにおいなのら(*^^*)
   


2004.06.21

人の体

昨日は台風の影響なのか大風が吹き、青空の中を雲が目に見えて早く動くのが良くわかる日でした。
暑かった~(;_;)
地域のボランティアの活動の大会があり、朝早くから仲間と日曜日を過ごした。
そこで思いも寄らない人の姿に出逢った。

去年まで何年間にも渡ってお世話になって指導していただき、股、他のチームよりも密にお付き合いのあった人の姿を遠くに見つけた。ハッと自分の目を疑うほどの変わりようで、大病を患ったことが仲間のみんなにもよく分かったと思う。
健常な人だと思っていたから変わりすぎた姿に驚いた。けど近寄って声をかけたかった。

『どうされたのですか?』
と、自然と涙が滲んでしまった。
相手の目も次第に潤んできて、声にならない声を聞き、ただ、握手だけした。

人の体と病気。
常に健康でいたいと思うけれど、若いうちは無理が効くからどんなに身体を酷使しても平気。
後で必ずそのツケがやってくるのに。
でも、それが分からないんだよね。

好きなことを思い切りするのがいいのか、長く細く生きるのがいいのか。
幸せでいたいと願う事は今が幸せじゃないからなのかね。

2004.06.17

komomoがしゃべる(*^^*)

6月7日に私のブログにやってきたこうさぎの『komomo』♪
毎日少しづつ言葉を覚えているみたい。

厚♪
粥ー
ダリアがー
やっとこー♪
チョウセンアサガオ♪
QP-
ラッキョーで
漬けー♪
アサガオ・・むにゃむにゃ
みよう・・ZZZ
じょー

なんてね V(^^)
一回一回、クリックしてこうさぎちゃんを呼ぶの。ゲンゲ畑から勇んでやって来るkomomo♪
ちょぃ時間がかかるときがあるけれど、一人でパソの前に座っているとなんとなくニコニコってしてしまう。

たまに『ここ関係ある?』 って言って新しい出会いのブログを紹介してくれる。
昨日もそうだったの。
私の家族に関連した記事が書いてあった。もう、忘れていた事柄だったけれど、子供が産まれたときのことを思い出して胸がキュンとした。(;_;)

親とは子供がいくつになってもいろいろ心配しているもので、口に出すか出さないかだけれど。
この子にもしも?のことがあったら自分の全身で守ろうと真剣に思う。
時々、性格が憎たらしくて『ああ~(ーーメ』 イライラするけれど(^^;;;ネ
でも、私が死ぬまでずっと娘のことを心配するだろう。
子供を持ってやっと親の心が分かってきたおそまつな私である。
私の父親は亡くなってしまったけれど母も娘もこの先、ずっと幸せでいて欲しい。

2004.06.15

朝顔

       浜の紫
img20040613_170902.jpg
     
本葉が4枚出てきたので、やっと6号鉢に植え替えをする事ができた。
土は赤玉土と培養土の混合。
さすがに大輪咲きのふれこみなので茎が太くしっかり支えているって感じがする。
茎の色がさつまいものような赤紫色である。

      曜白ミックス
img20040613_171004.jpg
     
花びらに白い筋がはいる種類だが、4つ蒔いて一つしか生き残らなかった。
ので、植え替え時に最後の一粒を植えてみた。
発芽してくれることを祈る m(_ _)m

        空色朝顔
img20040613_170932.jpg

去年開花したものから種を採取。
夏空と同じで清々しい空色の花をつける。
本葉は6~7枚、出てきた。
朝顔特有の葉に産毛が生えてきている。

         いろいろミックス              
img20040613_170950.jpg
前から家にあった朝顔の種。
さてさてどんな色の花が咲くのかとっても楽しみ(*^^*)
ことらも本葉が6~7枚出てきた。

ゆびきりげんまん

大人になってからマジに『ゆびきりげんまん』をした。
さしだした右手が頼りなかったけれど簡単に引っ込める事はできなかった。
バカみたいかも知れないけれど切羽詰った心は張り詰めていた。
嘘は悲しい(;_;)

「悲しみは真っ直ぐ心にやってくる」という詩があるけれど、悲しみよ、やって来ないでね。

2004.06.13

綿 20日目

img20040613_171033.jpg

本葉が出てきたので8号鉢に植え替えをした。
土は腐葉土と赤玉土と堆肥を少々したものをブレンド。

ポットから綿の苗をはずすときに土がもろもろと落ちてしまい
ちょっと弱々しい形で植え付けすることになってしまった(T^T)
根が充分伸びていなかったようだ。ちょっと早まったかな?って反省(;_;)
お願い、元気に育ってね m(_ _)m

良く6号鉢とか7号鉢とか鉢の大きさを号数で言いますが、実際には×3で鉢の大きさを
判断すればいいのをちょっと前まで知らなかった(^^;;;へ
恥ずかしい(^^;;;へ

ダリア 3

img20040613_171143.jpg

ダリアついに開花です!!
4月15日に球根の植え付けをしたから約二ヶ月で開花となりました。
なんともまあ、色鮮やかな惹き込まれる様な花色です。
今まで病害虫の心配もなくすくすくと育ってきてくれました V(^^)
他にもいくつか蕾がついているからこれから次々に咲いてくれそうです。
楽しみ、楽しみ(*^^*)
夏の暑さがやってくるまでその美しい姿のまま元気に咲いていて欲しい。

真夏になったら切り戻しして少しの間休んでもらいたいと思うけれど・・・
上手に切り戻しなくちゃ V(^^)

このダリアの種類が分からないのが残念(;_;)

チョウセンアサガオ

img20040611_134622.jpg

私の家の近所で白いチョウセンアサガオが咲いています。濃い緑色の葉と白い花がとても清楚である。根元はどんなんだろうって思って良く覗いてみるとなんとコンクリートの隙間から生えてる。こぼれ種から育って来たのだろう。
でも、しっかりと成長している。(*^^*)
お家のかたにおことわりをして写真を撮らせていただいた。朝、早い時間に咲くようで晴れた日の午後にはもう、しぼんでしまう。ちょうどこの画像を撮った日は雨降り続きで気温も低かったからか、午後を過ぎても白く大輪に咲いていた。

最近、あちこちで黄色やピンクのエンゼルトランペットが咲いているのを見かけますが、同じナス科の植物。
チョウセンアサガオは上向きに花が咲き、エンゼルトランペットは下向きに花が咲くそうです。

梅雨の朝、まだ蒸し暑さを感じない早朝にこの白い花を見ると清々しい思いになる。
種には猛毒があるそうだが、いつかは育てて見たい植物である。

アボガドの発芽 1

img20040611_135005.jpg

3月3日ひな祭りの日にアボガドの種を植えてみた。
種に包丁で傷をつけて種の三分の一くらいが土から出るようにし、土は水はけの良い赤玉小粒と培養土の混合。
良く調べもしないでこんな感じで植えてしまった。
雨が降る日以外は毎日、水をあげて毎日、見守りつづけてきた。

が~! なかなか発芽してくれなかった。
ところが一昨日の日、いつものようにアボガドの様子を見に外へ出ると割れてるところからニョキッて何か出ている。
うっかりゴミかと思って触ったら、これがなんと、アボガドの発芽でした。
今は3cmくらいに成長している。

アボガドは高カロリーだから本当のたまにしか食べないけれど、エビ、イカ、レタスと一緒にマヨネーズであえてカリフォルニアロール(へへ、ちょっとカッコよく書いたけれど太巻き寿司のこと(^^;) にして食べたときは美味しかった。

食品として買ってきたものから園芸に切り替えて植物の成長を見守るのも二度楽しめて面白いと思う。

自分で作ってみよう V(^^)

img20040612_222219.jpg

ちょっとこの前の話ですが、知人の親父様が釣ってきたマルイカを焼いて食べた。
胴と足を離して綺麗に洗って、そのまま、ガスレンジに網を乗せて焼き始めた。
水分がパチパチと音を立てていたが次第にイカの焼ける良い匂いがして、とっても食欲をそそられる。
少し焦げ目をつけて焼きあがり V(^^)
醤油にちょっとだけみりんをたらしたタレにつけて、食べやすい大きさに切り、お皿によそった。
友達は「ケチャマヨが合うよ」と薦めてくれたので私もケチャマヨ&七味で食べたみた。
こりが股、抜群に美味しいの!!
イカがとっても柔らかくてとケチャマヨとバッチリ合うの。 V(^^)

ああ~、イカをいっぱい釣っていつでもこんなに美味しいもの食べたいな~って思ったけれどなかなかイカ釣りには
行かれないのでイカを買ってきた。(^^;;;
4杯で590円。
一杯150円弱計算かな?
でも、胴の大きなが20センチはある大物。こりだったら許せるかな(^^;;;へ

ここからはイカ飯の作り方☆

 * イカは胴とゲソに分けて胴の中を良く洗う。
 * 半日浸しておいたもち米のなかにゲソを細切れにして混ぜ、醤油
   と酒ですこしだけ味付けする。
 * スプーンで胴の中にもち米を詰め、口を楊枝で止める。
   このとき、六分目くらい入れても煮るとパンパンに詰まって出来
   上がるからダイジブ
 * 平たい鍋にだし汁カップ2、醤油大4、砂糖大2、酒大2を煮立
   てその中にイカが重ならないようにして入れて30分間煮込む。
 * たまにイカを動かして下にしたほうが焦げないようにする。(前回
   は焦がしてしまった(;_;))
 * 一緒にもち米を何粒が入れるともち米の炊き具合が分かる。
 * 仕上げは水解き片栗粉でとろみをつけ、からしを添えていただく。

イカなら簡単に裁けるし、今はお魚屋さんにお願いすれば裁いてくれるからイカ飯を自分で
作りたいという人は是非、作ってみてください。
できあいのイカ飯を外で買うと一杯400円くらいします。家族分を買うとなると相当に高い晩御飯になってしまう。(;_;)
一杯だけお腹がパンクしてしまう失敗もあったけれど、美味しく食べられて今夜の晩御飯に満足(*^^*)

2004.06.07

こうさぎがやって来たじょ~V(^^)

昨日、東京は梅雨入りをした。朝から雨足が強くなったり弱くなったりで一日中降り続いた。
いよいよ鬱陶しい蒸し蒸しの季節がやってきた。
私もこうさぎの設置が上手くいかなくて心の中もジメジメ、ムシムシ(;_;)
パソ音痴をいやおう無しにつきつけられた。(;_;)

それでも他の人のブログをあちこちと読みまくっているとみんな楽しそうに『こうさぎ』の設置をしている。
とっても可愛らしい背景もある。

友達にSOSをしていろいろ教えてもらった。リストのチェックが外れていた(;_;)
ありがとうね~(*^^*)
今日からこうさぎちゃんが登場です(*^^*)嬉しいです~(*^^*)

今日は朝から雨が降っていたけれど先ほど雨も上がり、すさかり良いお天気になり、鳥さんの鳴き声が聞こえてくる。
私の心も晴れてすっきりシャンです V(^^)

後は背景だなぁ~。
うう(;_;)

2004.06.05

厚揚げ

img20040605_221717.jpg
 【今夜作ったので画像とりました(*^^*)】

今夜の晩御飯はもう食べてしまったから画像がない V(^^)
けど、とつても美味しかったので書きます。

厚揚げのおかずですが
① 厚揚げ二枚を箸でブツブツと穴を開けてオーブントースターで少し焦げ目が着く位に焼く。
② 醤油3とみりん1の割合のたれを作り、焼けた厚揚げを漬ける。
③ スプーンで食べやすい大きさに割るように切る。
④ 茗荷の斜め千切り、万能ネギの小口切り沢山、大根おろしを乗せて混ぜて食べる。

料理番組で教えてもらったのですが、厚揚げがあっちっちで薬味とたれと絡まってとっても美味しいの。
白いご飯に良く合います。

生揚げと厚揚げって同じ食品なのにどうして呼び方が違うのかな?

センリョウの発芽

img20040605_083732.jpg

お正月の生け花に必須のセンリョウ。
友達から生け花のセンリョウの実を蒔くと自然に芽が出て育つと聞き、蒔いてみました。
一月からだからなんと丸5カ月も音沙汰無かったセンリョウが今朝,発芽を見つけられた。
種は蒔いたものうんともすんとも行ってこなかったから半分諦めていたときであった。

夏の陽ざしが眩しい今朝、水やりに外へ出て発芽を発見して驚きと嬉しさでいっぱいでした。
センリョウを育てる知識は皆無に等しいけれどぐんぐん元気に育っていって欲しい。

ダリア 2

img20040605_083641.jpg
 
4月15日に植えたダリアの球根。
日に日に成長を続けてやっとこの前蕾をつけ始めた。
どんな花が咲くのだろうか。
とても楽しみです。

お粥が食べたくなって・・

img20040603_205007.jpg

なんか最近疲れている感じ。
お布団に入って体を伸ばす瞬間、たまらなく気持ちいい!!

今夜は久々にお粥を炊いてみました。
具は干し貝柱と鱈の切り身、味付けは千切り生姜と塩だけのシンプルさ。

お粥と雑炊とおじや。
どれもお米を煮て柔らかくしたものだけれど、それぞれにみんな違っている。
お粥はお米から作るのがいい。
何時間もとろ火で仕掛けそのじっとりとした時を待っている。
蓋を開けたときのジュンワーとした湯気とお米の甘い匂いとトロトロとしたとろみが何故かホッと心に響く。

乾燥貝柱は堅くしまっていて時間をかけないとそのものが持つ旨みが現れてこない。
鱈は何故か入れてしまう。
つけタレはネギの小口切りにポン酢とごま油を混ぜたもの。
ホツホツハアハアと熱いものを口にして食べると何故か普段お世話になっているお米のありがたさを感じる。

付け合せのサラダはこれまた中華風サラダ。
具はもやしときゅうりとハムのサラダ。
昔、これを作った時は偶然にも毎回必ずといって待ち人来足らずだった日々を思い出す。

2004.06.02

ラッキョウ漬け完成!

img20040601_203151.jpg

昨夜のつづき☆

塩をしたラッキョウからは水分が多く出るから何か、受け皿を敷いて寝かせると良いです。私は少しこぼしてしまったです(^^;;;

まず、今日は甘酢を作ります。
 
 ・材料は水300mlに500gの砂糖を熱を加えて溶かしきる。(ラッキョウ2㌔の場合)
 ・そして、冷めてから穀物酢750mlを加えて甘酢を作る。
 ・上記が普通程度ですから甘さや酸っぱさは自分好みで量を調節します。
 ・ただし、保存びんに入れたときにラッキョウが必ず全部漬かる量を作る。

次に保存瓶の消毒(ガラス瓶)
 ・洗剤で洗ったあとに熱湯を注ぎ、回しながら内部をすべて熱湯消毒する。
 ・本当は35度の焼酎で内部、内蓋、外蓋を綺麗に拭くと良いのだけれど私は25度のジンロで(^^;;;

さぁ、次はいよいよラッキョウです。
 ・ラッキョウの塩分を洗い流し、ざるにあげる。
 ・大鍋にお湯を沸かして生のラッキョウを10秒間だけ浸ける。
 ・すぐにざるにあげで冷ます。
 ・一つ一つ丁寧に水分をふき取り、保存瓶の中に入れる。
 ・上から甘酢をかけてタカノつめの小口キリをパラパラと入れる。
 ・保存は必ず冷蔵庫に入れる。

以上、報告終わり!!

早ければ一週間で味見ができます V(^^)
私は去年もこの方法で作りましたが、失敗もなくカビも生えなくて、今もパリパリの触感で食べられます。

ひげ根や芽先をカットする作業は時間がかかったけれど好きな音楽を聴きながらだから楽しかったです。
それに市販のラッキョウも食べるけれど家庭で作る漬物の方がやっぱり愛情こもっているもんね。
作る過程が楽しかったです(*^^*)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お天気どうよ~♪

今日の誕生花

こうさぎ

無料ブログはココログ