フォト

最近のトラックバック

ココフラッシュ



counter


  • since april,11,2005

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004.09.24

メバルの煮付けと茶碗蒸し

img20040924_195258.jpg

今夜はメバルの煮付けと茶碗蒸しのご飯。
メバル(春告魚・目張?)という魚には思い出があります。
高校を卒業してすぐの夏休み、友達と二人で初めて北海道へ旅した時、知床に行き朝早い漁船に乗せてもらったこと。海無し県でうまれ育った私があの頃主に食べたお魚といったら鮭とアジと秋刀魚と切り身の粕漬けの魚。
キャー、なんだか偏ってる~(T^T)

まだ釣りの経験も無く、船にも乗った経験のない若かった頃、何も知らないでよくメバル漁船に乗ったなあって。
朝早く起きるのも苦手だったのに・・・
船が動き出してすぐに船酔いをして「おっきなマグロ」になって眠ってしまった。(^^;;;そういえば青函連絡船にも酔ったんだった~(T^T)
けれど、漁師さんが作ってくれたメバルの味噌汁は美味しかった~。 V(^^)
船酔いしている私にでも食べられたし、胃袋の中からじんわり温まって、良い思い出になりました。

だからメバルって聞くととても親近感のある魚に思います。
目がクルリンと丸っこちくて可愛い(*^^*)
今夜は煮付けてみましたけれど、皮が少しはがれて身が剥き出ちゃったけれど、柔らかくてしっとりしている白身は本当に美味!!
食べると気持ちが幸せちゃんになるメバルでした。

img20040924_195901.jpg

おまけの茶碗蒸し。
少しスが入ってしまったので遠慮がちな画像に・・・(T^T)
小さい頃から大きいお婆ちゃんが作ってくれた茶碗蒸しが大好きで、今夜は娘も大好物の茶碗蒸しを作りました。
今夜の具は鶏肉、銀杏、椎茸、ほうれん草、すだちです。
もう、銀杏が実る季節。
あの香りと味と黄緑色した粒がなんとも美味しくていよいよ食欲の秋来たりですねぇ(*^^*)

茗荷の花

img20040919_145307.jpg

8月に大きいお婆ちゃんを亡くして、その納骨のために再び前橋の実家に帰ることになった。
実家には母が一人だけで住んでいて、兄と弟の家族はそれぞれ家を持っているので私が帰っても誰に気兼ねすることなくのんびりできる。うちはみんな仲良しだから、いつ行ってものんびりなんだけれど(^^;;;
古くてちょっぴり傾いている家だけれど、懐かしい棲家であった。

うちは通りから路地に入った突き当たりの家。お隣には大きな池があり、昔はたくさんの鯉が泳いでいた。植木もジャングルのようになっているけれど、いろんな種類の植物がある。今回は夏に綺麗に咲いていたタチアオイの花の種をいただいた。と言っても私がおねだりして貰ったのだけれど・・・

垣根の足元には八百屋さんでいつも売っている「茗荷」を見つけた。こりはちょっと驚きでした。今までどんな風に育っているのかなんて一度も考えたことがなかったからかもしれない。
茗荷の先端にはオフホワイトの花がひっそりと咲いている。とても可愛らしい花である。

お料理の薬味には欠かせない茗荷。私は大好き!!
その茗荷がいつも歩いていた足元で咲いていたとは驚きであった。
あの香りと噛んだ時のシャリシャリした食感がたまらなく私は好きである。

今までは観賞用の花に目が行っていたけれどまだまだ知らないがたくさんあるんだなぁって。
これからの一つ一つの出会いが楽しみで仕方ない(*^^*)

2004.09.16

バラの花

img20040916_094540.jpg

img20040916_100343.jpg

幾度ものアブラムシ攻撃や何回もの台風にもさらされ、夏の乾きにもじっと耐えてきた「プリンセスドモナコ」。
今朝また、新しい花を咲かせてくれた(*^^*)
10日に一度の液肥と超発酵油粕2、3粒を施しているが、その咲く花の色合いがだんだん色薄くなってきている。股、花の四季咲き大輪系となっている種類だけれど咲いたものは直径約5cmくらいである。買ってからまだ一度も剪定を行っていないけれど今年の冬はしようと思う。

顔を近づけると淡くほんのりと甘い香りがする。
花びらはビロード生地のようなしっとりとした感触。
私はいろんな花が大好きでどの花もみんな好きだけれどバラの花には不思議な魅力を感じる。

2004.09.14

今夜は鶏肉の照り焼き

img20040914_201421.jpg

今夜は久々に鶏肉の照り焼きが食べたくなって予定通りに決まった。
作るのはいたって簡単。
作り置きしてあるタレがあるからダイジプなのね。

 ・鶏肉に塩胡椒して胡麻油を熱したフライパンで皮の方から焦げ目をつけて焼く。
 ・裏返してもも肉の方も同様に焼く。
 ・細切りしてあるピーマンを投入して一緒に焼く。
 ・肉に火が通ったら照り焼きのタレを鍋肌から回し入れて出来上がり!!
 ・白っぽいお皿に緑と鶏肉を乗せていただく。

なんだかとっても簡単でしょ?
今夜使った鶏肉は100g132円の普通の鶏のもも肉です。
だけれどとても柔らかく味良く仕上がりました。

使ったタレは前もって作り置きして冷蔵庫で保管してあります。
炒飯や煮物、炒め物にも使えてとても重宝して使っています。

作り方はとても簡単!!

  醤油・酒・・1.5カップ
  みりん・・・・1カップ
  削り節・・・・20g
  昆布・・・・・10g
         
  を全部鍋の中にいれて火にかける。
  煮立ったら火を細めて全体の量が三分の二くらいに煮詰まったら火を止める。
  冷めてから紙タオルでこして清潔な容器に入れて冷蔵庫に保管する。

 残った昆布を細かく刻み、削り節と新規にジャコを加えて胡麻油で炒めれば簡単なふりかけのでき上がりです。

2004.09.13

デュランタ咲いた(*^^*)

img20040913_094345.jpg

昨日の日曜日、夏が終わり秋がやってきて、はじめて「寒い!」 って感じた朝でした。
朝顔の葉は少し黄色く移ろい、最後の力を振り絞ってポツポツと咲いてくれています。

去年、どこかのお家で咲いていたこのデュランタの花。紫色の小花がとっても可愛らしい。白く細い縁取りがあり枝先に穂状に花が咲く。私は一目で気に入ってしまい、園芸の本で何と言う名まえの花か調べ、園芸店を回ってやっと買い求めたのが去年の6月ころだったと思う。

買ってきた時は幾つもの枝に花が咲いていてとても綺麗でした。やがて花が終わり、秋が来て冬が来て春が来て、夏が来て~おんやぁ? 今年は花が咲かないジョ~(;_;)
たしか夏頃から咲き始めるのに~(;_;)
待てど暮らせど花は咲いてくれませんでした。でも気長に水をやり、肥料が好きだというこの花に10日に一度は液肥を与えて見守っていた。

今朝、寝ぼけ眼で庭に出てみると思いもよらず紫の小花をつけていた。
激しく嬉しい!! (*^^*)
他の枝にも幾つも穂状の蕾を付けている。調べてみるとデュランタの花は早くは4月頃から咲き始め10月くらいまで咲いているという。そうか、うちのデュランタは晩生であったのだ V(^^)
これから毎日、この花が見られるかと思うと楽しみで仕方ない(*^^*)

あ、おまけにもう一つ
下のケウトウは今年の初夏に買って来たもののこぼれ種から咲いたものです。
今は咲き終わったラベンダーの鉢に同居しています(*^^*)

img20040913_094236.jpg

2004.09.11

今朝の朝顔は・・

img20040911_073802.jpg

今年の朝顔の鉢はネットで買った種と去年自家採取した種とホームセンターで買った種と以前から持っていた種。
そして、入谷の朝顔市で買い求めた鉢を合わせると全部で5鉢育てている。

5月に種蒔きをしてから順調に育って毎朝、何処かしらの鉢で花を咲かせている。
今朝も外へ出てみるとたくさんの花をつけていた。数えてみると17個も咲いていた。(*^^*)
何日か前のラジオで毎日の朝顔の花の数調べをしていた視聴者がいた。はっきりした数を失念してしまいまたしが
たしか二千幾らかの数を発表していた。
こりは凄いと思う。

花から貰う優しさ、なんとなく心重たい日であっても救われる気がする。

2004.09.06

綿の実はじけた(*^^*)

img20040906_092145.jpg

何日か雨が降り続いた東京。鉢植えたちの水やりもちょっとお休みをしていた。
そんな雨も今朝やっと止んでくれて鉢植えたちの様子を見に外へ出た。
おんやぁ(*^^*)
綿の実はじけてる~ V(^^)
それも二つも・・・
ここのところおさぼりしてじっくり見ていないうちに綿はしっかりと熟していたのら。

種を蒔いた
今年の綿はどうした訳か背伸びしなく小さいまま育ってしまい心配していたけれど、これでひと安心(*^^*)
この小さい綿からどれくらいの綿が取れのかもう少したってから調べてみよう(*^^*)

2004.09.03

今夜は海人そうめん(*^^*)

img20040903_210448.jpg

img20040903_201815.jpg

もう、三年くらいになるだろうか?
NHKの「きょうの料理」を毎月購読している。だいだい15日くらいに発売になるからお買い物に行ったときレジに並ぶところに置いてあるのを買ってきます。
一年を通して季節的な特集もほぼ同じ内容だけれど担当している料理人さんが違うから、ついつい買ってしまう。

昨日、娘と遅いお昼を食べていたらテレビでその番組を放送していた。
その日のお料理はグッチ裕三さんでした。彼はご存知の通りお料理大好きタレントであり、ラジオでもテレビでも自分の料理担当の時間を持っている。

そして、お料理は沖縄料理の「海人(うみんちゅ)そうめん」 V(^^)
ボンゴレスパゲッテイーのそうめん番であるが、とっても簡単で味もさっぱりしている。
お家の中にはそうめんの買い置きや頂き物残りが必ずあると思う。
だから、そんな時はこれが良いと思う。

作り方
 1 殻つきアサリのすな抜きをする。
 2 シソの葉は5ミリくらいのさいの目きりにする。
 3 ニンニクは炒めへらで潰してみじん切りにする。
 4 フライパンに胡麻油を敷き、弱火でニンニクを炒める。
 5 アサリを4に入れて炒める。
 6 一つ、二つ、殻が弾けはじめたらお酒を入れ蓋をして蒸し煮にいておく。
 7 そうめんを一分茹でて水道水に取り、流水で良くぬめりをとる。
 8 水を切ったそうめんをフライパンの中にいれて一緒に炒めて塩・胡椒で好みの塩加減にしてできあがり。
 9 お皿に盛りつけ、シソの葉を散らて出来上がり!

今夜買ったものは
 アサリ・・・381円
 シソの葉・・33円
 ニンニク・・・50円 (二かけ分)

 だから〆て464円で晩御飯のて゜きあがり V(^^)

海人そうめんはあまり濃い味付けでは無いから、そのほかに茄子のあげ浸しを作って添えた。

あ!使ったニンニクは青森産のにんにく。
見た目はごつい感じですが、一個250円だけあって薄皮を剥くと実の色が濃くて手触りもしっかりしている。
前に同じような値段で中国産のネット入りの大量に入ったニンニクを買った事があるけれど、最初の二、三個使った後、しばらくして見たら中身が空っぽになっていたのを思い出す。(ーーメ
一つ買いはちと高いけれど、やはり、青森産のニンニクは美味しいし信頼して食べられると思った。

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お天気どうよ~♪

今日の誕生花

こうさぎ

無料ブログはココログ