フォト

最近のトラックバック

ココフラッシュ



counter


  • since april,11,2005

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005.09.30

暖ったかそうなメキシカンブッシュセージ

Img2005-09-30_0001

ふかふかころころと暖ったかそうな紫色の衣をまとい、今年もメキシカンブッシュセージが咲き始めてくれました。家に来てから今年で三年目? 四年目? 友達の歯医者さんの玄関で咲いていたこの花に一目惚れして購入した植物。

まるで造りもののような不思議な花の質感がとっても気に入っています。背丈1メートルくらいでしょうか、夏の水枯れにもめげず大きく育ってくれています(^^)v

Img2005-09-30_0005

まだ咲き始めたばかりですから、あちこちの枝にこんなに幼い蕾がついています。それぞれの枝が咲き始めたらきっと綺麗だろうなぁ。これから寒くなるって時に咲き出す花だったのですね。

それにしてもセージの葉の質感って人間の肌のよう。

Img2005-09-30_0006

今日のおまけ画像はバジル・ダークオパールのその後。花が咲き出すと虫食いも酷くて剪定を何度もしました。今は虫たちの活性も下がって来ているのかな?  無傷の葉が初々しいです。香り、いいですよ~♪

2005.09.29

秋空と彼岸花

Img2005-09-29_0019

9月も残すとこ今日と明日で終わり。ひと月が過ぎるのがとても早く感じられる。今日の空は何処までも青く澄んでいて、吹く風がとっても爽やか!! 今から木枯らしの季節がやってくるまでの間、良い季節を迎えますね~♪

そうすると今の季節に咲く花、秋の花と言えばいろいろあるけれど、最近、ポツポツと彼岸の姿をみかけるようになった。でも、私は自然の中で咲いているこの花の姿を見るのが一番好き(^^)v  家の近くを流れる多摩川の土手では毎年、今ごろ咲き始める。そう思ったら居ても立っても居られなくなりデジカメを持って土手まで行ってきました。

青空と秋風に包まれて草原の間からなにやら赤い固まりがはっきりと見える。ヤッター

もうこんなにも茎を長くして蕾をたくさん付けている。彼岸花は咲きはじめるちょっと前まて゜はその存在と気配を全く感じさせない。多摩川では昨年から大きな工事が入っていたから今年も彼岸花に出会えるか気をモンで居たけれど・・もうすっかりこんなんになっていました(^^)v

嬉しい(^^)

Img2005-09-29_0024

Img2005-09-29_0004

いくつかの花が集まり、おしべをぎゅ~んとそり返しながら華やかな赤色です。燃える様な色です。とても美しい~♪この姿、私はとても好き! なぜか昔は不吉な花と言われ、彼岸花を摘むと火事が起きるなど言われてきたけれど、リコリスの仲間なんですよね。子供の頃はホントに火事になったら困ると思ったけれど、今は毎年の楽しみにしています。

Img2005-09-29_0013

足場が不安定で斜めってデジカメしていたら、アキアカネが風に煽られながらしっかりと花にしがみ付いている姿があった。

多摩川に彼岸花とアキアカネ。秋ですね~。今年も出会えて良かった(^^)v

帰り道はカサカサと乾いた音をさせながら落ち葉の舞う姿があった。

◇科名◇  ヒガンハナ科 ヒガンバナ属

◇別名◇ マンジュシャゲ・リコリス

◇原産地◇ 中国揚子江付近・日本

◇花言葉◇  悲しい思い出

続きを読む "秋空と彼岸花" »

2005.09.23

秋-銀杏

Img2005-09-16_0002

午後からアルバイト先に自転車で向かう途中、ふと街路樹の足下に転がっていた銀杏の実。そうっかここは銀杏の木が植わっていたものね。黄色く色づく頃はジャンパーを羽織って秋が深まるなぁなんていつも思っていたけれどね。

自転車を降りて幾粒か拾ってみた。顔を近づけて匂いを嗅いでみる。「くさ~! 」でも、すんごく美味しいんだよね。鍋に入れたり、茶碗蒸しに入れたり、そのまま塩つけて食べたりと重宝に食べています。

何年か前の今頃、近くのM公園へ銀杏拾いに誘われたの。ちょうど台風の後。けれど夜の外出をあまりした事が無かったからパスしました。が、翌年はしっかり銀杏拾いにはまり、バケツにたくさん拾ってきた。水を流しながら外実をはずしていつもの銀杏を取り出す作業。なかなか面白い。だけど素手で作業したため手のひらそっくり皮が剥けてしまった。激しいカブレ。いつものマヌケな私。でも食べるの大好きだし、自分で拾ってきた銀杏だから~。

なんて、昔の事を思い出す。今年もそんな季節がやってきたのね。

まだ、セミの鳴き声も聞こえたりするけれど、夜、ひとり歩いているとただ一匹なのに虫の鳴き声が聞こえてくる。あんなにちっこくて人に踏まれたらひとたまりもなくあの世行きになっちゃうのにただ一匹の虫の鳴き声に心打たれています。

久々の投稿です。すすきの穂がなびく秋ですね。彼岸花、もう咲いているかなぁ。

2005.09.14

へんな夢

昨日は一日、ごろごろしていた。うたた寝しているときなのか本気で寝ていたときなのか忘れちゃったけれど「へんな夢」を見た。

それは真夏の昼間、カキ氷屋さんから出てくるシーンから始まる。「ありがとうございました~」って言う女の人の甲高い声に送られてお店から出てくる。外は真夏なのでとつても明るい。左手のひらにアーチ型の持ち手の付いたガラスの入れ物に入ったカキ氷の山。山芋氷あずきのせである。私自身、こんなカキ氷、初めて~っ! それは普通の三倍はあるだろう大きなガラスの器に入っていた。

食べるのを愉しみにしていたのに振り返り歩き始めるとカキ氷がどんどん解けてしまいあずきしか残っていなくなる。すぐにお店に戻って「こんなんになっちゃいました。」って言ったら若いご夫婦がにこにこしながら竿にカキ氷を幾つもぶら下げてた。バランスが悪くよたよたしているうちに一つだけカキ氷が竿から落ちて割れてしまった。

それでおしまい。も一つ夢をみた。

転寝ってうたた寝って書いた方がなんとなくそれっぽい。もしかしてうたた寝の意味を間違っていたのかも。

2005.09.07

こぼれ種から嬉しい開花♪

台風14号の猛威、東京の私の住んでいるところでは午前中は強風が吹き荒れていました。午後一時過ぎから雨も降り出して今は空は明るいですが風雨が激しいです。非難しなかったモミジの鉢を一つ割ってしまいました(T^T)全く、私の不心得m(_ _)m

そんな風雨が激しい中、こぼれ種から二つの嬉しい開花がありました♪

Img2005-09-07_0002

上の画像は春先にホームセンターで開花苗を購入したビオラ。オフホワイトの初々しい開花です。ビオラの葉の形が私はとつても好きです。

もう一つは今年で三年目のサフィニア。先日、採種の記事に載せたものですがちょっと花の色が違っているようにも思えますが葉がサフィニアの形ですから。

Img2005-09-07_0004

どうか、皆様のお住まいに被害ができませんように。充分に気をつけてくださいm(_ _)m

エンゼルトランペット途中経過~♪

4月の初めに種蒔きして数日で発芽したエンゼルトランペット♪ その後の成長は順調とは行かず、ポットから鉢上げしたときに根を痛めてしまい敢え無く枯れてしまう苗が相次いだ(T^T) 私はどうしても鉢あげが苦手です(T^T)

でも辛うじてこの画像の苗と友達のとこに貰われていった二株だけがなんとか生き残ってくれた。 種をいただいた別の友達が育てた苗はうちのよりも数倍も大きく成長している。同じ種なのに・・・お世話役さんが違うとこうも違うものかと・・背丈は低いものの大きな蕾を一つ実らせている。日に日に蕾は膨らみもうすぐ咲くときを待っているよう。画像が無いから比べられないのが残念です。

友達のアドバイスを貰って再度植え替えを行った。今度は6号鉢に牛ふんを土に混ぜ込んで・・ 植え替えてみました。

さてさてエンゼルちゃんの気分はいかがなものか~(*^^*)

Img2005-09-02_0002

最近、シジミチョウの訪問が多い。

2005.09.03

自家採種してみました♪

今日は朝から太陽の勢い良くジリジリと暑ひ~。こんな日はエアコンの効いた部屋ですき放題パソを~♪な~んてしたいけれど現実はなかなか(T^T) 朝からゴミだし、朝ごはん作り、お掃除、洗濯、おっと鉢植えの水やりに朝デジと仕事満載(^^)v 額から汗が滴り落ち眼に入るとこりがとっても痛ひ~

こんな暑い日によせばいいのに前から非常に気になっていた自家採種を行った。ついでにもう終わってしまった鉢植えを片付けたり、一部ジャングル化してきてる庭を少し空かせてみたり。暑いけれどなんかとっても楽しい♪汗が眼に入るけれど楽しい♪

サフィニア

Img2005-09-03_0015

Img2005-05-07_0046

今年の花もこぼれ種からです。白色と桃色のコンビがとっても可愛いです♪

ギリア

Img2005-09-03_0018

Img2005-05-07_0033

青い星の妖精のような花です。

ジキタリス

Img2005-09-03_0019

Img2005-05-19_0023

タキイさんから苗を購入したものです。白色、桃色、紫色の花が咲きました。

種を取りながら思う事。植物たちって子孫を残すためにこんなにちっちゃい袋の中にぎっしりと種を詰まらせている。それは自然に弾けて無事、土に着地する物もあれば雨に流され風に吹き飛ばされ、若い芽を出すこともなく消滅していってしまうものもあるだろう。数え切れないほどの種のうち果たして何粒の種が見事に花咲かせて、次の世代を作り出す事ができるのだろう。なんだかとても逞しいし、健気でもあるけれど儚くもあるなぁ。さてさて、丁寧に採種した種、来年ちゃんと植えてあげるねって(*^^*)

ところで・・・朝顔の花の香り、かいだことありますか?

続きを読む "自家採種してみました♪" »

2005.09.02

ランタナ

Img2005-09-02_0019

ご近所のお姉さんからいただいたオレンジ色と黄色のランタナ。この花、別名シチヘンゲと言うだけあって蕾の状態から花が全部咲き終わるまで素晴らしく変化してとっても楽しいお花です。咲いている時期もとても長いですね。

今はジャスミンの葉の茂みからちょこんと顔を覗かせて咲いています。緑と鮮やかなオレンジ色のコントラストが夏らしいです。

Img2005-09-02_0023

ガクアジサイのように最初の黄色い花がパッと飛んで咲いています。真ん中のオレンジ色はじわじわ咲く模様です。後ろに見えるのはもう前に咲いた後の種?

初めは緑色で最後にはブルベリー色のように深く濃い色に変わっていきます。

Img2005-09-01_0017

蕾の頃はこんなにも初々しそう。葉の産毛もいいですね。

Img2005-09-01_0015

まるで艶々と宝石のような実がとても可愛い。オレンジ系のランタナ、お姉さんからいただかなかったらきっとうちにはピンク色のランタナが咲いていたと思う。小さくとも一際目立って咲いているオレンジ系ランタナに夏の終わりの花壇の艶やかさを感じます。

2005.09.01

半日人間ドック受診

被扶養者の健康診断、半日人間ドックに昨日行ってきました。場所は三田にある元会社の付属病院。今は経営が変わって漢字がたくさん使われる名前に変更になっていました。

早起きさんして家族にサンドイッチをこしらえて、自転車でJRの駅まで走る。毎年思うのですが早朝の通勤のみなさん、たくさんいらっしゃいますね。私が朝、ボーッとパソコンに向かっている時間に汗かきかきで混んでいる電車に乗っていらっしゃるのですね。それに駅を行く人たちの歩き方の早い事、早い事・・・(^^;

15分くらい電車に乗り、病院の最寄の駅を降りてタクシー乗り場へ。行き先を告げると「どの道から行きましょうか?」って聞かれたの。「お任せします」と私・・きっと短い距離なのにメーターが過ぎると文句を言うお客さんか多いのかも。なんて考えているうちに到着! 基本料金でしたよ~。

ドック受付の5Fへ。ありゃぁ~、いつもと違う風景だ~。毎年の事なんで顔を覚えちゃっていたお姉さん達が一人もいない。いつもの待合室もなくなってる~。ちょっと不安~。それに集合時間が来ているのに誰もいない~。いつも20人くらいいて朝の連続テレビ小説のドラマ見ているのに。組織が変わるとこういうものなのか・・

ドック用の診察着に着替えて、係りのお姉さんの誘導で検診が始まった。これはいつもと同じ。

◇採血       いつもあっち向いている。東京タワーが見えます。

◇腹部超音波   ゼリーが冷たい。

◇心電図      肝心な時にはいつもドキドキがやってこない。

◇身長・体重・血圧 ? 体重を減らしたせいか血圧が低かった。

◇問診        簡単でした。

◇聴力        小さい音でした。

◇マンモグラフィ   つぶされるって怖いと感じた。それに痛い(T_T)

◇婦人科      イヤだった。

◇胸部X線      前に肺にしわがあるといわれた事あります。

◇消化器X線    ゲツプを抑えるのがちょっち辛い。

◇乳房診      乳腺センターは女性専用のホテルのようで綺麗でした。

以上11科目受診  はぁくたびれた(T_T)

年を重ねるごとに再検査の診断が出てそのたびに一喜一憂するのですがさてさて今年はどうなることか・・

年一度の健康診査が近づくたびになんとなく生活習慣を改善してみたり、暴飲暴食をさけたり、健康に気をつけたりしてしまうのは私だけか・・・(^^;

ちょっと痛い想いをしたので帰りにデパ地下(1Fでしたが)でいろいろとお買い物♪。近所のスーパーでは売られていない食材や珍しい物をあれこれ眺めて購入。

普段はドリンクバーで何度もおかわりして飲むコーヒーも夕べは食後に出された一杯のホットコーヒーにやすらぎを感じる夜でした。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お天気どうよ~♪

今日の誕生花

こうさぎ

無料ブログはココログ