フォト

最近のトラックバック

ココフラッシュ



counter


  • since april,11,2005

« 虹色スミレ・ラブリームーンリカ | トップページ | ヒヤシンスその後 »

2007.01.23

さくら草

Img20070123_0004_1

子供の頃、好きな花は何? なんて聞かれると必ず『さくら草』って答えていた。薄桃色の小さな花を茎の先端にいくつも付けて。それに子供の頃は鉢植えではなくあちこちの原っぱに咲いていたし。黄緑色した葉と桃色の花の姿が子供ごころを春色に染めてくれたお花でした。そんな昔では定番の春の花でしたねぇ。

大人になり東京で生活するようになり、生活も落ち着いて園芸店さんを覗くようになるとさくら草に似ているけれど名前は『プリムラ』と書いてある。たしかにさくら草に似ているんだけれどなぁ?

それもそのはず同じサクラソウ属の仲間ですね。ちなみにさくら草の名前の由来は花びらの先が二つに分かれて桜の花びらに似ているからだそうです。

何処がどうと比較するのは難しいから一つだけの相違点。プリムラ・マラコイデス(和名ケショウザクラ)には花梗やガクに白い粉が付くけれどさくら草には付かないそうです。

Img20070123_0001_2

味噌作りのお姉さんからいただいてきたままの鉢で、南側フェンスにつるしてあります。太陽の陽射しをいっぱい受けて日に日に茎が立ち上がってきています。葉も画像のようにワサワサと大きく育って鋸型とまではいかないけどギザギザした葉の形が私は好きですネェ。

またさくら草自生地は各地で保護されていますが、私が訪れた事があるのは埼玉県の秋が瀬橋左岸のさくら草公園。派手さは無いけれどその可愛らしい姿に心和む公園です。さくら草、昔からの親しみ深いお花ですね。

咲いたら画像アップします~(^^)v

Img20070122_0005_1

そして沈丁花の蕾。もうこんなにもぎっしりと育ってきています。開花はまだまだ先ですが、寒さや雨に見舞われながらも春を夢見る姿が健気です~(^^)v

« 虹色スミレ・ラブリームーンリカ | トップページ | ヒヤシンスその後 »

コメント

shiroさん、こんばんは☆
年代の違いかもしれませんがさくら草は今の方が珍しいように思えます。どうして数が少なくなってしまったのでしょうねぇ。友達はこぼれ種から次々と増えてしまうから「貰って~」ってSOS出してましたが(^^;
そか、shiroさん、秋が瀬へ行ってくださったのでしたね。隣の公園ではイベントしてて少し観光化されていましたが、保護されているところではちょっとづつ表情の違うさくら草がとっても可愛かったですね。
今年は私も3年ぶりに行こうと思います。今から楽しみです。
沈丁花、蕾の発見から開花まで時間かかりますが、そうなるといよいよ春ですね~(*^^*)

すももさんの田舎では、野原にサクラ草が咲いていたんですか!
私はあまり馴染みがなかったなあ。プリムラは知っていても、さくら草はあまり見た事が無かった。
でも、去年、すももさんに教えてもらい、秋が瀬に自生のさくら草を見に行って、大感激してしまいました。野原一面に咲くさくら草、とっても美しかった。本当に素敵な場所を教えていただき、ありがとうございます。
今年もまた、見に行くつもりです。
沈丁花の蕾、もうこんなに膨らんできたんだぁ。あと一月くらいでしょうか。沈丁花の香り、いまから楽しみですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくら草:

« 虹色スミレ・ラブリームーンリカ | トップページ | ヒヤシンスその後 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お天気どうよ~♪

今日の誕生花

こうさぎ

無料ブログはココログ