フォト

最近のトラックバック

ココフラッシュ



counter


  • since april,11,2005

« 春咲き植物 | トップページ | 今年もシランが咲きました »

2007.04.18

セイヨウオダマキ開花

Img20070418_0002

T&M社さんから購入した「AQUILEGIS

キンポウゲ科・オダマキ属・耐寒性多年草(二年草)  たぶん種類は"VULGARIS WILLIAM GUINNES DOUBLES"だと思います(^^; いろんな種類のオダマキを購入したから、どれがどれなのか咲いてみないと分らなくなっちゃって~(^^; でも、前からずうっと憬れていたオダマキをついに開花させる事ができました(^^)v

西洋オダマキという植物、不思議な花姿ですよね。

Img20070418_0010

以後の記事では西洋オダマキと称しますね。昨年の4月29日に種蒔きして5月28日に発芽した苗。いろいろ蒔いたうちの一粒だけが生き残り、冬を越してすくすくしてくれました。冬の間は本葉の展開が大きくて、流石は耐寒性だなって。でも、開花までには相当な時間を要するようで・・ポリポットから植え替えしてからは外へ出して夏は日陰へ移動して冬は自然のままに・・・害虫にもやられないで元気に育ってくれたオダマッキー(^^;。

Img20070418_0004

あまりに可愛くて変わっている姿なので後頭部も撮ってみました。ちょうど首筋に見えるのが「距」。何のためにこれが造られたのか分らないけれど不思議な花ですね。ナスタチュームにもこの距がありますね。それと花弁とガクの色合いのバランスが非常に風情があり花の造りの神秘を感じます。上の画像で濃いピンク色がガクで白色が花弁だと思う。

西洋とありますが咲いている姿は私には和の趣を感じます。とにかく、気に入っています。

Img20070418_0008

これは二番開花になりそうな蕾です。ガクの中にぎっしりとおしべが見られます。小豆色と言うか濃いピンク色というか、私の大好きな花色です。

Img20070413_0008

身長は小さめで40cmくらい。開花した花の大きさはピンポン玉よりも一回り小さいサイズ。初めて育てるものですからこれが私にとっては標準サイズの西洋オダマキちゃんです。

Img20061120_0003_3

別の西洋オダマキ 11月20日の本葉の画像

西洋オダマキの成長ぶりをみて欲が出た私(^^;。昨年の10月16日に種蒔き。発芽は10月29日。種蒔き前は4~5日冷蔵庫で休んでもらって休眠打破(人工的に休眠から目覚めさせる)をしてからの種蒔き。^^;私はこういう切込みの入った葉が大好き。変化があり、対に葉が出てこないのですね。それに葉の艶も何処かちょっとエキゾチック(死語や~)で茎の色もあずき色してます。とにかく可愛くて可愛くて~

Img20070405_0010

無事に育ってきているポットが5つあります。(^^;開花までには今度もかなりの忍耐が必要ですが蕾を付けたときの喜びは格別ですから今はじっと辛抱で育てていきたいと思います。

種から育てた植物。植物も私も報われるひとときが嬉しくてたまりません。こういう姿を見たさにせっせと種蒔きに励んでいる私でした。チャンチャン(^^;

« 春咲き植物 | トップページ | 今年もシランが咲きました »

コメント

shiroさん、おはようさんです♪
オダマキ、前からずうっと興味を持っていて、開花させる事ができたのが今回初めてでした。
たくさん蒔いたうちの一つ(^^; でも、こんなにも素敵な花なので超嬉しい~(^^)v
味をしめて昨年も種蒔きをしてすくすく育ってるのが5鉢。このまま順調に育って欲しいです♪
それにしてもオダマキと言う植物、魅力たっぷりです(^^)v

オダマキ、ついに咲いたんですね!
種蒔きから1年がかりで!
綺麗な花ですね~。
花が咲くのを1年も待つ価値、充分に有る綺麗な花ですね。
それにしても、オダマキを種から育てるなんて!すももさん、スゴイです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイヨウオダマキ開花:

« 春咲き植物 | トップページ | 今年もシランが咲きました »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お天気どうよ~♪

今日の誕生花

こうさぎ

無料ブログはココログ